スピーカー

Photo: 山田ゆか

山田ゆかやまだゆかTEDxHamamatsu 2017 スピーカー

トイレットペーパー芯リサイクルアーティスト

1971年東京都生まれ、静岡県掛川市在住。
ごく身近にあるものが、思ってもみなかった価値を生み出したときの驚き。山田氏が手がける「トイレットペーパーの芯を使ったリサイクルアート」は、意にも止めず使い捨てることに慣れた消費社会で暮らす人たちに、立ち止まり振り返るきっかけを与えてくれるものだ。

山田氏は大手電機企業を退職後、派遣会社に勤務しながらデザインを学び、大手IT企業とSOHOで仕事に従事。結婚を機に退職して静岡県へ移住し、現在は自宅でデザイン業を行っている。

デザイナーとして生み出すものが日々「消費」されてゆく状況に疑問を感じ、身近にあるものの価値を見直そうと考えたことが、トイレットペーパーの芯を素材としたインスタレーションアートを生むきっかけとなった。色を塗らず、ごみを出さないといった、自ら決めた制約によって、彼女の作品は独自の世界観に貫かれている。

あるものを用いて、無駄な修飾をせず、独自のアート作品を生み出す。彼女の活動のエコロジカルな面が注目され、テレビや新聞・雑誌などでも紹介される機会が広がっている。

趣味は読書や映画鑑賞、ゲーム、カラオケと多彩。好きな食べ物はチーズと肉と卵。座右の銘は「想い立ったらそれが新しい始まり(Never too late from new start)」。